ベトナムの最低賃金の推移について〔2017年7月〕

2017年1日1日から全国の最低賃金が引き上げられました。

上昇率は7.1~7.5%となり、過去10年で最小の伸び幅に落ち着きました。

(出所)2016年11月14日公布、新法令153/2016/ND-CP

 

2016年(※1VND=0.0054JPY)        2017年(※1VND=0.0048JPY)

◇第1地域:350万VND(約1万8700円) → 375万VND(約1万8000円)  +7.1%増

◇第2地域:310万VND(約1万6600円) → 332万VND(約1万5940円) +7.1%増

◇第3地域:270万VND(約1万4400円) → 290万VND(約1万3920円) +7.4%増

◇第4地域:240万VND(約1万2800円) → 258万VND(約1万2380円) +7.5%増

 

第1地域はハノイ市、ハイフォン市、ホーチミン市などの都市部。

第2地域はダナン市、フエ市など中部及び北部・南部の都市部郊外。

第3地域はハナム省などの新興地方都市。

第4地域は主に農村部。

 

※日本円換算は法令公布当時のベトコンバンクSellレートを使用しています。

 

ここ数年続いてきた2桁の上昇率が落ち着いたのは、物価上昇(インフレ)が抑えられている事も一因と考えられます。

 

年度 消費者物価指数(CPI)
2014 4.09%
2015 0.6%
2016 2.67%
2017(4月時点の推計) 4.87%

(出所)IMF_World Economic Outlook database

 

しかしながら、最低賃金上昇率が物価上昇を上回っている状況が続いており、毎年のベースアップが

高すぎると感じている企業も多いようです。一方、給与水準の上昇に伴う消費拡大に期待を寄せる声もあります。

2014年当時、政府は2018年までに最低賃金を第一地域で400万ドンまで引き上げる目標を掲げていました。

 

それが実現するかは今年11月の新法令公布で明らかになります。

 

(参考)JETROビジネスニュース、日本経済新聞

 

 

 

ニュース一覧はこちらから