携帯電話の基礎知識

こんにちは!既にベトナム在住の方には今更な話、今日はベトナム国内での携帯電話事情についてお話します。

 

ようやく日本でもSIMフリーのスマートフォンが注目されるようになってきましたが、そもそも世界的にはSIMフリーが普通だったりします。ですが日本のように大手キャリア(docomo、au, Softbankなど)に登録して携帯電話をずっと使ってこられた方からすると、そもそもSIMフリーとは何ぞや?てことになるわけです。

実際私もベトナムに来るまではそんな感じでした。ただベトナムで生活するには必要な知識になってくるので知っておいてください。

まずSIMカードとは上の写真のように電話番号が記憶されているチップのようなものなんですが、ベトナムではこのチップを別で買って自分の携帯電話にセットしなければなりません。これで初めて携帯電話が電話番号をもった電話として成り立つわけです。ただしこれだけではまだ使うことができません。お金をこのSIMカードにチャージする必要があります。日本の場合は使った分だけ後日引き落としというのが普通なので少し面倒臭いですね。常に自分の携帯電話にいくら分の通話金額が残っているか意識しなければならないわけですから。

「チャージしている金額がなくなったから電話をかけられなかった」なんてことはベトナム人の間ではよくあることです。緊急の場合には通りすがりの人に電話を借りているなんて場面も時々見かけます。

企業によっては携帯電話を支給するところもありますが、そういった会社の場合は法人でSIMカードを契約して、使った分だけ後日会社で清算しているパターンになります。

 

 

さて、これからベトナムで働くという方からよく受ける質問に日本の携帯電話を解約すべきかどうかというものがよくあります。私が今まで見てきたベトナムでの日本人の携帯電話パターンとしては…

 

  • 日本は解約してベトナムの携帯電話のみ所持←現地採用者に多いです。
  • 日本のものも継続的に使用して且つベトナム用のものも所持←駐在員や頻繁に日本へ行き来のある方がこのパターン
  • 日本のものだけ所持←ベトナムで生活するなら経済的ではありません。

 

ご自身の使用機会などと見比べながら選んでもらえればと思います。ちなみに日本で現在使っている携帯電話をそのままベトナムで使いたい場合はSIMフリーのスマートフォンでない限り、そのままでは使えませんのでご注意を。

SIMカードをフリーの状態にするためには専門店を通してその処理をやらなければならないのですが、それを一度行うと日本の携帯キャリア会社からは修理などのサポートを受けられなくなってしまうので、よくお考えになってからされることをお勧めします。

 

ブログ一覧へ